12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

平成22年5月の法語 

みなさま、コンニチワ!

今日は、久々に風もなく非常に気持ちのいい日となりましたねまさに「薫風の候」というべき日なのかなぁと思いながら5月も終盤、6月の梅雨のイメージに突入してしまいますね

5月も終盤ということで法語カレンダーもまたひと捲りしなくてはいけなくなりました・・


今月の法語は↓

201005 五月

「この如来 微塵世界にみちみちたまえり」唯信抄文意

先月に続いて「唯信抄文意」からの一節ですね。この法語をひとつずつ考えさせていただきますと、「この如来」と「微塵世界」ということがわかりますとなんとなくの意味がわかるのではないかと思います。
初めに「この如来」とはなんぞや?と考えてみますと、この法語の前半部分には↓

「涅槃をは滅度といふ、無為といふ、安楽といふ、常楽といふ、実相といふ、法身といふ、法性といふ、真如といふ、一如といふ、仏性といふ。仏性すなはち如来なり」

とあり、この部分の続きに今月の法語がくるわけです。上記の文を分かりやすく書きますと
「涅槃→滅度、無為、安楽、常楽、実相、法身、法性、真如、一如、仏性=如来」とできると思います。如来さまはもちろん阿弥陀如来さまでありますが、わざわざこのような言い回しをしながら阿弥陀如来さまのはたらきを表現してくださいます。一語一語の意味の説明も必要かと思いますが省略させて頂くこととして、このように多くのはたらき・呼び名において表わされることもお伝えしたい大切なことと思います。

次に「微塵世界」を考えてみますと、「微塵」とは僕たちが通常使うときは、「微塵切り」であったり「木端微塵」などかなと、頭に思い浮かべます。微塵切りも細かく切り刻むこと、木端微塵もあとかたもなく細かくなってしまうこと、であります。
そのように使われる「微塵」。この「微塵世界」とはどんな世界か?ということであります。
これは阿弥陀経和讃の一首目に「十方微塵世界の~」とあるのですが、その左訓に「コマカナルチリ」となり、その細かい塵の数ほど広がっている世界と考えれるのかなと思います。左訓とは、親鸞聖人のその語の説明書きと思ってくださって結構ですよ。
話を戻しますと、そのような世界に「みちみちたまえり」ですから、細かな塵の数ほど広がっている世界一つ一つに、さまざまなはたらきをもってして阿弥陀如来さまの救いが隅々までいきわたっているのです。

逆を返しますと、私たち一人一人に阿弥陀さまの救いが行き届いていて、私たちはそのことに気付かせて頂くことができる法語であるということです私たちは、すでに救われることが約束されています。しかし、煩悩によつて信じがたい、気付かない、など迷ってばかりが私たちであります。そのような私たちに阿弥陀さまはちゃんとここにおるぞ、と教えてくださる親鸞聖人のおこころがこの法語なのではないでしょうか。

ごちゃごちゃと書きましたが、理解して頂けましたでしょうか・・

なんとなく感じて頂けたら幸いです



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 法語と名言

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kenryuzankuonji.blog47.fc2.com/tb.php/185-b8f7d6df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)