08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

参り合いスタート 



今年も始まりました。

報恩講の参り合い。

久遠寺報恩講が終わると、次に控えるのがここ大円寺さま。
新しい風吹く大円寺さま。
喜び事もあり、その風を喜んでいるかのごとく、堂内はとても心地良く、
お檀家様のお顔もハツラツとされていました。

寺族の喜びがお檀家さまの喜びとなる。
その喜びこそ、寺の喜びとなる。
そんな空気を感じたこのお参り。

最近、お東やお西のお坊さんとも話をするのですが、話をする中で気づいた有難いことの一つが
この報恩講の参り合い。

他派は参り合いがあるにはあるが、これほど人数が揃わないそうです。
また同派にしても地域が変われば、参り合いの関わりも変わる。

今現在、6ヶ寺の組内法中(お寺様)と参り合いをさせてもらっていますが
さほどこれまで違和感なく当然のことと参り合ってきたことはここまでつなげてくださった
各お寺様の歴代のお力に他ならないことに痛感し、また私自身もそれを守りつなげる役目があると
気づかせてもらいました。

よく住職が言います。
「先の方の言葉を聞け」

こういうことか、とうなづけた瞬間でした。

報恩講自体、もちろん大切な法要でありますが、今こうしてこの形が守られている、普段目がいかないところにこそ先人たちが繋いでくれた法縁が詰まっているのでしょう。

そして、その法縁に出合うべくして出合った私。
有難い、ただただ手が合わさる、頭がさがるのみです。

引き続き参り合い、ばっちり参勤させてもらいます(-人-)


南無阿弥陀佛

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kenryuzankuonji.blog47.fc2.com/tb.php/2041-32534903
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)