12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

平成23年7月の法語 

みなさま、コンニチワ!

もう7月も終わりですね。あっという間に8月を迎えることになりますね。来月も暑さに負けず、暑さを楽しみながら過ごしたいものです。

7月の法語は↓

201107.jpg

「煩悩の氷解けて功徳の水となる」

住職の味わいを寺報から頂きました。
聖人は仏様・凡夫を表現する為、比喩として宝海・海水・濁水・群生海とよく「海」を使われました。今月の氷の場合も氷の固いことを我々の煩悩の憤り・妬み・勝手な考え・譲らない意志を例えられました。氷は冷蔵庫の中では固いままでありますが、外へ出たならば大気の温度でたちまちに水となります。
 自分は何者であるかどうして苦悩せねばならないのかと何かを求めずにはおれない、その固い自分の根性が縁によって目にはみえない形のない大きなはたらきに促され水となり、どこへでも自在に流される仏の大きな慈悲の世界の流れの中にいることに気付かされるのではないでしょうか。

大きなはたらきはまさしく仏様のはたらき。そして氷がとけると言えば、「溶ける」を通常書くところを「解ける」とされた。これはただただ溶けるのではなく、答えがでた結果のお言葉であると思います。だから「解ける」を使われた。
私たちの氷はいつでも解ける状態にあるにもかかわらず、自我という作用によって気付かず解けようとしていないのではないでしょうか。おおいなるはたらき気付き、今あるいのちに感謝したいものです



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 法語と名言

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kenryuzankuonji.blog47.fc2.com/tb.php/398-6d65f99e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)