01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

研修旅行~新潟県上越市~ 

みなさま、コンニチワ!

一昨日昨日と住職に時間を頂いて愛知県高田派の有志参加の研修旅行ということで参加させて頂きました。今回は、新潟までバス旅行。時間はやっぱりだいぶかかりましたが非常に楽しく勉強させて頂きました。あちらの方というと、親鸞聖人の流罪に行かれた場所、また恵信尼さまに伝わるものが多いということなんです。ですから、流罪になり初めて降り立った浜や、この地初めての草庵、恵信尼さまの住まれた場所にできた記念館?ともいうべき所などいろいろと参らせて頂きました

IMG_3273.jpg
↑これが流罪になり越後へ来られた時初めて辿り着いた浜「居多が浜」。歴史がなければ普通の浜に見えてしまいますが、みんな「おぉ、ここが」という感じで海を見ていました。

IMG_3291.jpg
↑親鸞聖人がこの地に辿り着いて初めて過ごされたという草庵。竹ノ内草庵と言います。

IMG_3310.jpg
↑この袈裟懸けの松がある国府別院というところは、先ほどの竹ノ内草庵から移り住んだ場所とされています。竹ヶ前草庵といい、今は現存しておりませんが本願寺さんの別院として機能しているようです。非常に立派な内陣で、御本尊様や親鸞聖人が真ん中でともに並んでいる配置も非常に面白いところでした。
袈裟懸けの松と言われる所以は、ここに住まれ周囲の人々にご法話される際、袈裟を松にかけてお話されたということのようです。

IMG_3339.jpg
↑浄興寺といって、親鸞聖人の頂骨が納められている歴史があり、分骨して東西本願寺さん、興正寺さんにお分けしたという書状も現存していました。なによりこの御廟の彫り物が立派で立派で、すごい技術だなぁと感心しておりました。

IMG_3344.jpg
↑ゑしんの里といって、親鸞聖人の妻、恵信尼さまにまつわる記念館です。特に恵信尼さまのお手紙に関するものが数多くありました。


移動時間もかなりあったのですが、非常に楽しく学ばせて頂きましたよ。一日目は天気も良く、研修が固まっていたので何よりでした。今は各所で頂いてきた資料のまとめをしている最中です。また本も数冊購入してきましたのでまた紹介させて頂きます。寺図書に入れておく予定ですので、是非来寺の際にはご覧くださいね。



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 研修

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kenryuzankuonji.blog47.fc2.com/tb.php/435-40d5aead
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)