01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

昨日の法話会 

みなさま、コンニチワ!

昨日は法話会の日でした。雨と冷たさを感じる日でしたので、いつもよりちょっと少なめのご聴聞。寂しく思っても先生の熱のあるお説教はいつもと変わりませんでした来月こそは、多くのご聴聞を期待しております、是非ご来寺くださいね

写真 12-01-20 15 39 48

今日のテーマは、天親菩薩。

天親菩薩の和讃を中心にいろいろとご法話頂きました。
例えば、親鸞聖人の「親」は、天親菩薩より頂いていること。そしていつものお勤めでご唱和する回向文。

世尊我一心
帰命尽十方
無碍光如来
願生安楽国

回向とは、表白であり仏様の宣言のことですので、非常に深い意味があるんです。
とお教え頂きながら、この回向文も天親菩薩が書かれたものなのです。とご説明して下さいました。

特に十首あるご和讃のうちの第六首目にある

天親論主は一心に
無碍光に帰命して
本願力に乗ずれば
封土にいたるとのべたまふ

に着目され御解説を頂いたわけです。これは先ほどの回向文と同じ意であり、「私は一心に仏様にお任せして、お浄土へうまれることを願っている、ということをお教え頂いたんですね

そして最後には、『このように法話を終えさせて頂くと拍手喝采になることがありますが、法話とはどれだけお念仏の大切さを伝えることができたか、とということとどれだけお念仏の教えが大切なのかを知って頂く場であります。ですから拍車喝采よりもお念仏をお称えして「なまんだぶ、なまんだぶ」とお称えしながら終わりたいものです』と仰っておりました

私たちは、いいお話を聞かせて頂いたと喜ぶ時、をお念仏ではなく拍手を使うことが多いようです。ですが、先生のお話を聞いておりますと、法の道場に来た時こそは、「南無阿弥陀仏」一言お称えしたいものだ、と思いました



来月は多くのご聴聞に来て頂けることを心より願っております

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kenryuzankuonji.blog47.fc2.com/tb.php/500-f9cd551f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)