06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

これって仏教語?⑤ 

みなさま、コンニチワ!

写真 2013-06-02 6 43 32
<寺の蓮も今年は順調に育っています。やっぱり一年目より二年目、、、、と年々調子が上がっていけばいいなぁと思っています

今日の気にある仏教語は「億劫」。
何だか気乗りしない時、物事に対して面倒だ、と感じてしまう時の状態を表現する際にでてくるこの言葉。
この言葉も実は仏教語だったんですね

「劫」とは、仏教的に、極めて長い時間のこと。
以前法話会で先生が仰っていたのは、「一劫とはとてつもない大きさの岩を天女が何年かに一度舞い降りてきて一撫でし、それを繰り返して擦りきれてなくなる時間」ということだったと思います。例えであって数字ではあらわせませんが、それくらい途方もない時間のことを指し示しています

その億ですから・・・・想像ができません。理解を超えております
けれどもそのくらいの時間かかって面倒なこととは何か。

そう思うと、「億劫だ」とはなかなか言えなくなってしまいますね。行動あるのみ、思い当たる節は皆様にもあるかと思います。億劫にならずに、頑張りましょうね


それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄


~第三十一回法話会のご案内~

法話会ポスター1

第31回真宗入門法話会
6月19日水曜日
午後一時半~三時頃まで

「和讃のこころ~無量寿経~」
布教使 岡崎浄泉寺住職 戸田恵信師

※休憩有
※駐車場6台分有
※聴聞無料


もうすでに梅雨入りしてしまい、当日は蒸し暑い日となるかもしれません。けれども、可能な限り涼しくかんじるように寺の準備を致しますので、みなさまのご来寺を心からお待ちしております。本堂に入られたら案外空気は冷たく感じるかもしれませんよ。是非場の空気も感じながら、先生の温かい身に沁みるご法話を聴聞していただければと思います。是非賑やかな法話会にしたく、一人でも多い皆様のご来寺を寺族一同、心よりお待ちしております

Category: これって仏教語?

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kenryuzankuonji.blog47.fc2.com/tb.php/716-2bae0e61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)