08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

「正信偈」について no,3 

みなさま、コンニチワ!

今回は、「帰命無量寿如来 南無不可思議光」を取り上げたいと思います。

いろいろな本、先生のお話によりますと、この二句は非常に重要で、この二句の偈文に浄土真宗が収まる、とまで言われるまでとてもとても重要な偈文なのです。ですから、細かく追及していけば、さまざまなことにつながるわけですが、あまり難しくして横道にそれるのもよくないので、一番わかりやすいだろう道を選んでご説明させて頂きますね。

☆まずこの二句には、仏様のお名前が二つあります。わかりますかね?
「無量寿如来」と「不可思議光(如来)」です。如来が省略されているんです。さらにこの二つの仏さまのお名前は阿弥陀如来のことを指します。
阿弥陀とは、インド語の音を漢字に写したもので amitayus/アミターユス=無量寿・amitabha/アミターバ=無量光。
無量寿は、限りのないいのちの意。
無量光は、はかりしれないひかりの意。

☆では、限りのないいのちとは一体どういったことでしょうか。
これは、不老長寿とイメージしてしまいますが、それとは違うわけです。ただいのちが長くても、何もしなくては意味がありません。
私たち人間でも「誰かの世話になると迷惑になるから一人で生きているうちに仏さまのほうにいきたいなぁ」と言われる方も少なくないのではと思います。
しかし、生きている時はなにがしら生きる喜びがあり、その喜びがあるから生きている実感があるわけです。
そう考えますと、私たちが苦悩の底から救われることこそが喜びであり、このはたらきこそ限りのないいのちをもって、ずーーーと私たちにはたらきかけてくださるのです。
ですから、無量寿とは仏さまのはたらきには限りがない、ということであります。


☆次に、「不可思議光」をみてみましょう。
「不可思議」とは、思議すべからず、つまり分別=物事の是非や道理を常識的に判断することをするな、との意であります。
ここで、五つの不可思議を曇鸞大師『浄土論註』に挙げられています。「久遠」寺報にも掲載したことがありますが、
一、衆生多少不可思議 - 一つのことをするにも知らない間にいろんな人と出会い、関わっていく。自分の歩みを支えてくれている、と気づくこと。
一、業力不可思議 - 一番基本的で必然的なこと。例えば、人間が二本足で歩く、蟻が黒い、ウミガメが孵化してすぐ海に戻っていくこと(教えてもらうわけでもないのに)。こういった類のこと。
一、龍力不可思議 - 自然の力のこと。自然の恵み、雨など。
一、禅定力不可思議 - 修行によって自然に身につく徳のこと。偉い僧侶にあると自然に和やかな気分になる、など。
一、仏法力不可思議 - 「人身受け難し、いますでに受く。仏法聞き難し、いますでに聞く」手が合わさらない自分であってもなぜか手を合わしてしまう自分がいるということ。
私たちは、不自然なことに対し、「なんて不思議だ」といいますが、本当はあたり前のことこそ一番不思議なわけです。
で、「不可思議光」とは空間的に十方世界のいかなる所までもくまなく照らして、いかなる私たちをも救おうとされる、仏さまのはたらきの広がりなのですね。

簡単に述べると、「帰命無量寿如来 南無不可思議光」→私たちを救おうとされるはたらきに時間的な限りがなく、いかなる所までもくまなく照らすはたらきの広がりがある仏さまに「帰命」し、「南無」するのです。

☆それでは「帰命」「南無」とはどういったことでしょうか?
「南無」=「帰命」でして、同じことの意であります。阿弥陀仏が私たちを救おうとされるお心が、私たちを覆い尽くし、「南無阿弥陀仏」という言葉になって私たちに来たって、浄土に至らしめるはたらき、と『教行信証』行巻六字釈というところに述べられているんです。
ですので、簡単に言ってしまっていいのか悪いのかわかりませんが「お任せします」ということです。ズバッと要訳しましたけど。
また「帰命は本願招喚の勅命なり」とあって、仏さまの絶対の命令なのだ、とされています。

おおよそ総合してみますと、「帰命無量寿如来 南無不可思議光」→「南無阿弥陀仏」の六字のことというのはだいだいお分かりになりますかね。だから、この二句に集約されると言われる方も多いわけです。
阿弥陀仏(私たちを救おうとされるはたらきに時間的な限りがなく、いかなる所までもくまなく照らすはたらきの広がりがある仏さま)にお任せします、ということになるんですね。すべてこれに尽きるんですね。

そういったお言葉を、いつも私たちはお称えして、自分の耳で聞かせて頂いているんです。
重要とされている部分だからこそ、いろんな言葉で説明がされていて、いろいろなパターンで説明させていただくと、逆にわからなくなってしまいます(僕も含め・・・・)のでこのくらいに留めておきます。

「仏さまにすべてお任せします」こんな感じでよいのではないでしょうか。



次回は「宝蔵菩薩因位時 在世自在王仏所 ~」の依経段と呼ばれるところを勉強したいと思います。


それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄





☆平成22年1月10日(日)
久遠寺平和公園墓地参詣
午前9時~午後12時まで
寒い日が予想されますが、新年を迎えた喜びを胸に手を合わせましょう。是非皆様お揃いでのご参詣お待ちしております。

☆平成22年1月15日(金)
 高田本山専修寺報恩講『お七夜』
 会費 5000円 食事券+志含
 久遠寺壇信徒参詣募集中。お電話にて受付して居ります。
 バス一台を用意して居りますので、ぜひご参加下さいますようお願い申し上げます。

☆平成22年1月19日(火)
  午後1時半~午後3時頃まで
『仏説阿弥陀経』に聞く 第34回法話会 最終回
  布教使 戸田恵信師 
  於 久遠寺本堂
『仏説阿弥陀経』に聞く法話会は、総集編を残し、最後の法話会となります。寒い中と予想されますが、是非ご来寺してくださることを、心よりお待ちして居ります。

Category: 「正信偈」解釈

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kenryuzankuonji.blog47.fc2.com/tb.php/91-1da7c8ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)