12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

お寺の掲示板 9/1掲載 



掲示板を更新。

昨日は雨が降っていたので、反射がキツイです(-_-;)


「人にかける願いはよくわかる。かけられている願いがなかなか気付けない」 田代俊孝


自分が相手にかける願い。
それは、相手が知る由もない願いをかけている事すら。もう一つ言えば、こちらの勝手な願いでもあります。
でも生きていく上で、お互いに掛け合っているのもこの「人にかける願い」ということで理解をされているのかと思います。

その反対に、「かけられている願い」。
これこそ、仏様の私達への願い。

救うとお約束され、救った事実がありながらも、私たちは生きながらにして「救い」への疑問がぬぐいきれません。
ましてやそんなことは露知らず、他人への期待や要求ばかりになっているかも。

そんな時に、我が身こそ願いがかけられている存在であり、その願いに応えるべく報いていくのが真宗門徒としての生き甲斐なのかもしれません。


一度、かけられている願いに、ちゃんと向き合ってみませんか?



南無阿弥陀仏

Category: 寺の掲示板

tb 0 : cm 0   

今週の掲示板 8/25掲載 



今週はこのお言葉。

「自分を狂わせ、迷わせる敵は、内にある」
昔掲示したものを引っ張り出してきたのですが、

よくよく調べてみると、どこで拾ったのか覚えがないのですが、安田理深師の
「自己を狂わせ、迷わせる敵は、内にある」
であると思うのです。

僕自身の書き間違えなのか、どこかの書籍にあったのか・・・・それとも、「自分」と「自己」との違い、に問題があるのか・・・・(-_-;)

何だかとても難しそうになりそうなので、とりあえず「自分」ということでご勘弁いただきたいです(-_-;)



このお言葉からご理解いただけるように

自分は、他人のせいで、他人の言葉のせいで、他人の態度のせいで、迷い苦しんでいるつもり。
まさしく他人こそ自分を苦しめる原因である、と思いたいのだけれども、実は「苦しめている」と判断する自分にこそ
「苦しめる」原因がある、それこそ「敵」という表現で表してあります。

日常生活において、「アイツのせいだ!」て思う事多々ありますよね?
僕なんかは毎日の車の運転で信号を渡り損ねた時なんかは、よく「前の車がもっと早く行ってくれればいいのに!」とイライラしたりすることもしばしば。

確かに前の車が早く行ってくれれば問題はなかった。
けれども前の車に苛立ちの矛先を向けたところで何も生まれてはきません。ただイラつくばかり、相手を探しているだけなんですね。

そんなことを考える私の心こそ最大の敵。
このようなことに気付かせてもらえる大切なお言葉。以前掲示板に掲載した「人間誰しも裁判官。他人は有罪、自分は無罪」となんら変わりありません。

人に厳しく、自分に甘く。その心こそ一番の問題なんだ、ということ。

これから迫りくる未来に立ち、いろいろな考えがでてくる瞬間、このお言葉を思い出してみてくださいね(^_^)/



さて、「自己」になると・・・・・どうなるのでしょうか?
それは、「自己」と「自我」が明瞭になったらまた追記しますね・・・・(-_-;)



南無阿弥陀仏

Category: 寺の掲示板

tb 0 : cm 0   

今週の掲示板 8/18掲載 

8/30開催の『まちのお寺の音楽会』も近づいて参りましたので、そのポスターを掲示。
そして、法語はと言うと、今年の四月にも掲示したのですが・・・・(^^ゞ



『人間誰しも裁判官。他人は有罪、自分は無罪』

法話会で先生がお話下さった際にでてきたお言葉です。皆様どのように感じられますか?


自分と他人。

どちらがかわいいか?

それは自分。

なぜ他人には厳しい?

期待するから?

自分がかわいいから?


様々な理由が浮かぶこのお言葉。

みんな一緒の「おいのち」頂戴している身なのだから、比較して批判より、「認め合う」ことを大切にしたいですね。



南無阿弥陀仏

Category: 寺の掲示板

tb 0 : cm 0   

今週の掲示板 8/11更新 

今週の掲示板、8/11更新。



『人はないものを欲しがるが、あるものの価値に気が付かない』

まさにその通り。
欲しい、欲しいと欲しいものだけに目線を前に前に出している自分。けれども今当たり前にあるものには目が全くいきません。
当たり前という盲目か、目が外向きだからか、けれどもあるものに目を向け、満足できれば、それ以上には必要ないことに気がつけるのかもしれません。
『少欲知足』
足ることを、あるものに気がつきたいものです(^人^)

そして、先週の掲示板も。8/4更新。



『私のものさしで問うのではなく、私のものさしを問うのです』

自分の物事を見る目は、その時の状況や感情で長くなったり、目盛が変わったり。。。。
そんな尺度で物事を計るのではなく、自分自身のものさし自体をどういうものかを知らねばなりません。

その自分のものさしを計るものこそ、仏様の教え。
絶対の揺らぎがない安定感ばっちりなスケール。寸分違わぬ物差しで、我がものさしをみればどの点が
不安定だったか一目瞭然なのではないでしょうか。

そんな気持ちを込めて掲示板に掲載しました。




ちょこちょこ載せてきます(笑)
本当は、門前歩いてほしいです、寺に寄ってほしいです(^^ゞ


南無阿弥陀仏

Category: 寺の掲示板

tb 0 : cm 0   

『人間誰しも裁判官。他人は有罪、自分は無罪。』 



本当は書き溜めしちゃいかんのですが・・・・・門前の掲示板に掲載する法語を書きました。



ここ最近は、気になる法語をピックアップしておいて「書くぞ!」て時に書いちゃいます、悪い坊主です(>_<)
二週間に一度のペースで門前の掲示板に貼ります。

案外まだまだと思っていても、「あれっ?もう交換だ!」となるんです。

人通りは割とありますし、近所の方も楽しみにしているとお声をかけてくださいますので、できるだけコンスタントに進めております。書き溜めるといっても、今回は8枚です・・・・実は書いてもその時の気分で掲載しないものも。

となると、だいたいシーズンワンくらいで書いております。




さて、今日は月の半分startの日。


何を掲示してこよかなぁー^m^







やっぱり前回の法話会にでてきたこの言葉。


『人間誰しも裁判官。他人は有罪、自分は無罪。』

誰しも他人には厳しく自分には甘いもの。そんな自分の差別心に気付かせていただけました。



みんな一人一人が尊い存在。

自分は一体どうだろう?問いかけてみましょうね(^^ゞ


南無阿弥陀仏

Category: 寺の掲示板

tb 0 : cm 0   

寺の掲示板 平成24年1月1日掲載 

みなさま、明けましておめでとうございます!

旧年中は大変お世話になりました。本年も何卒宜しくお願い申し上げます

新年を迎えると同時に掲示板も更新させて頂きました。久遠寺は街の寺なので正月中はとても人通りが少ないです。ですから見て頂こうにも三が日過ぎからでしょうね。ですがネットは年中無休で更新ですので、一足先に皆様にお伝えしたいと思います!


無題


住職似顔絵住職のあじわい
新年を祝うと同時に、「また一つ年をとってしまう」と言われることが多くあります。それは年をとりたくないとの思いからでてきたものでしょう。自分自身が老いてしまったことを後悔するのではなく、自ら老いに入るという自覚によって楽しいと感じることは大切なのではないでしょうか。
今まで年のことなど気にせず、今ある当たり前の「生」のみで事実から目を逸らし逃げてきた我が身であります。けれども、身は不思議なるいのちを生きてきたわけであり、その生きている意味を問い続けながら、我が身を振り返る楽しみのある歩みをしていきたいものであります。    合掌


みんな一緒に一つ年をもらっているわけです。また一つ頂く年を有難く頂戴することで今あるいのちに感謝できるのではないでしょうか。
今頃みなさまのお宅でもご家族やご親族がお集まりになられていることでしょうか。またおひとりで過ごされるのもまたいろいろと振り返り次の年へのエネルギーを溜めるのにいいかもしれません皆様おひとりおひとりの意義のあるお正月でありますように


それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺の掲示板

tb 0 : cm 0   

寺の掲示板 平成23年9月7日掲載  

みなさま、コンニチワ!

最近まったく更新できていなかった掲示板を更新しました!やらなきゃやらなきゃでまったくやっていないのが現実でした。申し訳ありません

CIMG0424.jpg


生きるということ、それは常に誕生の意味を問われ続けることである」広瀬杲師

住職似顔絵

人間は両親との縁でこの世に出させて頂いており、その誕生を自分は知ることはできません。赤ん坊の時のことは両親に聞くか、他の人によって知らされるわけです。その事実は二十四時間無償の愛で育てられ、お乳をもらわねば死んでいたかもしれません。

それは私の思いを超えた無条件の親の愛で今の「生」があるのが事実であります。

成長するとともに自分の思い都合でその尊い大きな愛で育てられたことを忘れているのではないでしょうか。生きると言うことはあらゆるもののはたらきで生かされていることに目覚めなければなりません。
   
合掌



自分で生きているのではない、生かされて生きていることを知ること、それはとても大切なことですね。その前段階として親の無償の愛に気付け!と。なんだか自分自身に言われているような気がしてなりませんでしたみなさまも「はっ!」としたときに「有難う!」の一言は多重要かもしれませんね。


それでは、失礼します。

南無阿弥陀佛 高山信雄

Category: 寺の掲示板

tb 0 : cm 0   

寺の掲示板 平成23年7月21日掲載 

みなさま、コンニチワ!

久しぶりに更新です。遅くなり申し訳ございませんでした

CIMG0423.jpg

「世の中が便利になって困っているのは実は人間なのです」浅田正作師

住職似顔絵
~当寺住職のあじわい~ 
昭和の時代に太平洋戦争がありました。人間の傲慢さ、飽くなき所有欲が原因であり、その結果として全ての国民が苦しみと痛み以上のものを体感しました。けれども、その後は今まであった身分制度もなくなり、民主主義という思想の元に大きく社会が変化しました。電化製品を筆頭にあらゆる分野において私たちの生活は便利になり、今では世界の情報もすぐにキャッチすることができます。

 ですが、今現在では経済が先行し、人間同士のつながりが薄くなり貧富の差が益々激しくなったように思います。人間がものの価値のように判断され、新しく便利なものが尊ばれ古くて面倒なものや古臭い考えが無視されるようになりました。この状態が長引いた為に、一人一人のつながりが薄れ、ただ早く、便利を追求しただ変化を喜んでいた結果でありましょう。その速さ、便利さに追われているのが現状なのでありましょう。

本当の人間の優しさや尊さが失われ、孤独となってしまいました。自己を失い、自己を省みる時間がないのが現代の社会ではないかと思えてなりません。
まず家庭の中での会話を持つことからスタートしましょう。 合掌 久遠寺住職 山元智



昔のことはぼくもわかりませんし、悔いてもしょうがないとも思います。今できることは、話すこと。近くにいる人から話しかけていきましょうね





それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺の掲示板

tb 0 : cm 0   

寺の掲示板 平成23年6月23日掲載 

みなさま、コンニチワ!

今日も蒸し暑い・・・こういう蒸し暑さと気温が熱中症に危ないらしいです!気を付けてお過ごしくださいね

最近滞りがちな寺の掲示板を更新いたしました。

CIMG0421.jpg
「人間は偉いものではない 尊いものです」 安田理深師
※「偉い」の漢字を間違えて書いてしまいました。後日直しますのでお許しください。
写真 11-06-27 13 30 10
※ようやく直しました。ご指摘くださった方、気付かれていた方申し訳ありませんでした。以後誤字にも気を付けて記事を書いていきたいと思いますのでこれからも読んでいただけるように頑張ります。

住職似顔絵

人類の歴史上において、人は自然界に対して畏敬の念を持ち、海・山・大地の変化に順応して生きていました。しかし、次第に道具を使うようになり、それに伴って知識が高まってきました。さらに現代では自然界が人類の為にあるがごとく生物多様性を無視し、自然界の環境を大きく変化させてしまっています。ですから自然災害などは人間の知性・理性の反省を深く促しているように感じます。人間同志では、知識のある人、地位・名誉のある人、いろいろな事業で功績を残した人は沢山おられます。けれども人間そのものの存在を考える時、自然界の大きな恵の中でしか生きられない現実が今まさに起こっているわけです。

いつも申しますように自分の思い・自分の都合で自然界を思うがごとく征服したと思っている人間がおります。しかし今から二千五百年前、インドにおられたお釈迦様の生涯のお言葉の一つで「天上天下唯我独尊」と言われました。我以外のいのちの存在によって、不思議なるいのちを賜っている尊さに目覚めさせて頂くことが、今まで気付かなかったすべての存在が尊く敬う存在になるのではないでしょうか。まずいのちとは、自分に願いを掛けられた責任ある『生』であり、一人一人が違って認め合い敬うことが出来たならと思うばかりであります。   合掌


仏語でもわりに間違った使用をされることは多々あります。他力本願、往生する・・・これらと一緒で天上天下唯我独尊も間違った使用をされていると思います。ですが、ここで読ませて頂くと意味はまったく違います。
今僕自身は、これが絶対だ、ということよりもこれでいいのかと他に目線をもつことのように思います。他からみて初めて「なるほど」ということは結構あるかと思いますよ。まず自己を離れて周りの目線に立ちたいものです。


それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺の掲示板

tb 0 : cm 1   

寺の掲示板 平成23年5月26日掲載 

みなさま、コンバンワ!

数日前までものすごく蒸し暑く感じましたが、今日はすこーし肌寒い位で過ごしやすい日となりましたね有難い一日です。そこでようやく寺の掲示板を更新しました


CIMG0420.jpg


「人にかける願いはよくわかる かけられている願いにはなかかなか気付けない」田代俊孝師

住職似顔絵 
願いとは、国に対して、親に対して、子に対して、また友人に対して希望を持つことであります。自分たちは幸せになるべく願いを持ち続けて生活しています。
けれどもよく考えると、そこには自意識を満たそうとする願いがほとんどであり、その願いの根本と言ったら「自分はかわいい」や「自分を頼む心」であります。その願いの中では本当の自分を問うてはいませんし、自分が主体の考えであります。
しかし、かけられている願いは一生懸命生きていますが、人生には虚しさや不安が伴います。虚しさや不安を通して自分を喚び覚ませてくれる真実なる願いの言葉に遇うことが、人間を正しい道に導いて下さる本当の純粋な、かけられている願い、なのではないでしょうか。合掌



自分本位でみると、見えることも見えず見るべきことも見失ってしまいます。自分の立場をしばらく置いといて、少し違った他人様の目線から自分を見つめなおすのもよいのではないでしょうか。自分反省をお教え下さり、なお安心をくださるのが南無阿弥陀仏でありましょう





それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄



Category: 寺の掲示板

tb 0 : cm 2